タロット占いにも似ている文字を用いたルーン占い

ルーン占いというのは、簡単に言えば文字を用いた占いです。
タロット占いと似ている部分も多く、文字の組み合わせと位置関係によって、その人の運勢を占うのです。
ただ、ルーン占いで用いられる文字は、かなり抽象的となっています。
タロットカードのように、ハッキリとした絵柄や数字が書かれているわけではないので、少し難しいイメージがあるかもしれません。
ただ、占いのやり方自体はシンプルで、主にルーン文字が刻まれている小石やカードを使います。
あとは、いつくかの文字を表示して、その組み合わせと位置を元にして占うわけです。
元々ルーン占いは、ヨーロッパで古代から行われていたと言われており、魔術の一種でもあったのです。
文字に関しては諸説あるものの、2世紀ごろにスカンジナビア地域で発見されたと言われています。
今でも、ヨーロッパの様々な地域で、ルーン文字の石碑などを拝めることができるのです。
ルーン文字が一体どのようにして活用されていたのか、ハッキリと分かる証拠や資料はないのですが、恐らく魔術や災いを防ぐために用いられたと思われます。
さて、そんなルーン占いに関しても、やはりネットや占いサイトなどで体験することができます。
少しややこしいように思えるかもしれませんが、詳しく説明が書いてありますから、気軽にルーン占いをやってみることができます。
もちろん、興味を持ったのであれば、さらに占い師に本格的にやってもらってもいいでしょうし、結構いろんな組み合わせがあって面白さを感じられると思います。
最初にも言いましたが、タロット占いにも似ているので、タロット好きの人にもオススメできる占いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ